カメラの売り先に迷ったら

我が家に遺品のカメラが20品ほどありました。

なんとなく捨てるとか処分するには抵抗ありましたが、
ある人からこんなことを言われました。

「故人が大切にしてきたカメラでしょ。」
「ずっと使わずに置いておくのは故人も喜ばない」
「カメラを好きな人に使ってもらうほうが絶対良いはず!」

そんなことを言われ、確かにこのままずーっと使わずに保管しておいても
カメラにも申し訳ない気持ちですし、カメラに素人で興味もない人間が
無意味に使う気にもなれません。

主にアンティークカメラが多くなっているため
操作方法も複雑っぽい感じがあり、デジタル式ならなんとかなりそうですが
このカメラだとフィルムを買って使うことになります。

そうなると、ともてじゃないけど扱いきれません。

アンティークカメラの処分をどうするか!?

どの程度の年代のカメラからアンティークと呼ぶのかわかりませんが、
カメラにちょっとだけ詳しい人に見てもらったところ
かなり古いカメラだということがわかりました。

下手したら戦前のカメラも含まれているらしく、
それなりに貴重なカメラが混ざっているとのことでした。

ものすごく高価なようではありませんが、
見た目の古い印象と違い、1台あたり数万円~で取引されるのが相場のようです。

アンティーク専門店

その手のアンティーク物を扱ってるお店へ売却するのが賢明かと思い、
試しにネットで見つけたお店へ5品ほど持参して聞いてみることにしました。

20品全部を持っていくのはさすがに面倒だったのと、
とりあえずどのくらいで売れるのか知りたかっため
なんとなく価値が高そうなカメラ5品に絞って査定してもらいました。

査定結果は5品で7万円という結果でした。

もうちょっと高くつくのかと思っていましたが、
予想より低い金額となりました。

店主がとても良いかたで、いろんな話を聞いたのですが、
その店は骨董品などをメインにするアンティーク店であり、
カメラの扱いもしているが、決して主力ではないため
もしかしたら他のほうが高いかもしれないというアドバイスまでもらえました。

しかも、家に他にもいくつかあることを伝えると
だったら自宅まで出張査定してもらうのが良いと教えてくれました。

イザ、査定してもらってみると

早速家に戻ってカメラの出張査定について調べてみたところ
結構貴重な情報源となるサイトがあって、そこのおかげでかなり勉強できました。

我が家だと都内ということもあって
無料で対応してくれる店がいくつもあるんですが
最初に電話である程度交渉してから実際の査定依頼するのがポイントになることがわかりました。

5社ほどの話を聞いてみると、対応がイマイチな店もあれば
すっごく親切に話を聞いてくれる店もあったりします。

やはり売り手としては金額も去ることながら、対応が良いところを選びたくなります。

そういった点でも出張買取について事前に情報を得られたことは非常にプラスに作用しました。

結果として当初の7万円という金額のついた5品のカメラだけで考えても
数万円も高く売ることに成功できました。

意外にもお店によって金額が違うことにビックリです。

これからアンティークなカメラを売ろうと思ってる人いたら、是非参考にしていただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする